総量規制と不動産担保ローンの関係

総量規制と不動産担保ローンの関係ヘッダー画像
総量規制と不動産担保ローンの関係メイン画像

不動産担保を元手にして借金をする場合は大きな金額を借りることが出来ますが、カードローンなどは2010年から、借金する時に借りられる上限が定められてしまいました。銀行や業者も、利用者の年収の約三分の一程度しか最大でも融資できない、というわけです。どうしてこういう制度が定められたかというと多重債務などで苦しんでいる人たちを、増やさないという政策から生まれたと言えるでしょう。実際は借りている人が悪いのですが、政策として行わなければならないほど多重債務で苦しむ人が多かったというのが現状なのではないでしょうか?これにより学生や主婦といった収入がないもしくは収入が極端に少ない人が、借金をする事ができないというデメリットも増えました。悲劇を増やさない対策かもしれませんけどね。単純計算で言うと年収300万円の人は100万円までしかお金を借りられないということになってしまいました。不動産担保ローンではその限りではなく、担保があれば最大で数億円まで借りることが出来ます。しかし、これを良しとするか悪しとするかは本人次第なのではないでしょうか?借金が必ず、悪いこととは言えませんし、借金をしているからといって批判される材料にはなりません。借金を返せなくなるほどの使い方をしている人が招いた、自己中心的な結果が招いた結果です。ちなみにこの年収の三分の一までしか借りられない制度を、総量規制と言います。不動産担保ローンにはまだ実害がない制度ですが、カードローンを組む時は注意が必要です。

新着情報

おすすめサイト

ページの上部へ
Copyright © 総量規制と不動産担保ローンの関係 All Rights Reserved.